40代もすでに後半戦ですが、1人で頑張ってます。仕事のこと、趣味のこと、美容のこと、つらつらと。


by hanako4050

現代でも就職戦線異状あり

このタイトルを見て、懐かしいーーー!と思った方、同世代ですね…きっと。
さて、立て続けにこんな記事を読みました。

就活負け組の33歳女性、ロシアで生き抜いた経験は日本で通用するか
「頭のいい」女子はいらないのか:ある女子国立大院生の就活リアル
二つに共通しているのは高学歴の女はいらないと言われた経験があるというところ。
まだそんなことを言う人がいるのかとびっくりした。
今は売り手市場だし、大学生が就職活動で困ることなんかあるのか?と思ってしまうのですが、
実際にはこういうことがあるんですね。
一番目のロシアや中国で働いていた女性は、企業で働いてた経験はなくても、
もっと大きな経験をしているはず。
ココに書いてあるように根性はあると思うし、
何もないところから何かを考えるという力もすごくあると思う。
正直自分が経営者だったら、一緒に絶対に働きたい方ですね。
大手企業みたいなところより、ベンチャー企業で絶対に活躍できる方だと思うし、
むしろ自分でもこの歳ならやっていけるはず!!
2人とも私から比べたら、まだまだ自由な発想で色んなことができる
歳だと思うので活躍の場は沢山ある。
でもそれを書類やサッとみた経歴だけで、判断するのは本当にナンセンス。
私は前職で自分の部下として雇うために面談に入ったことは沢山ありますが、
履歴書や職務経歴書は本当にサラッとしか見なかった。
実際にあって話す内容、雰囲気、他のメンバーとうまくやっていけるかな?
とかそれがとにかく一番重視だった。
経験はあったほうがいいと言えばいいけれど、
それよりはたまに求人広告に書いてある「お人柄重視」でした。
でもそう思うのは一部で、まだまだそうじゃない会社も多いのだな…とがっかりした。
今自分が無職で、就職が決まらないのは、歳や自分に魅力や経験が無いからかもしれないが
どうか若い人にはチャンスはいっぱいあってほしいと思う。
それと同時に、今後若い人が減っていく世の中で、
私のような世代も活躍できる場をもっとできればいいと思う。
女性活躍とかいろいろ政治では言っててるけれど、そこと世間とでは大きなギャップがあります。
プレミアムフライデーとか作っている場合じゃないから。





by hanako4050 | 2017-10-21 23:48 | 仕事のこと