40代もすでに後半戦ですが、1人で頑張ってます。仕事のこと、趣味のこと、美容のこと、つらつらと。


by hanako4050

バイトをしてみた、お金の大切さが身に染みた

昨日、日雇いっぽいバイトをしてみた。
倉庫内でのピッキング作業。
紹介会社からは値札つけと言われていたけれど、その前の段階の作業からあった。
作業は朝10時から始まり18時まで。時給1000円。

ピッキングというのは、納品先からのオーダーリスト(例えば、Tシャツ2枚、ジーンズ1枚などリクエストがリストになっている)を見ながら倉庫内にある商品を集めてくるという作業。
倉庫になれていないと、どの商品がどこにあるか分からないので慣れている人より倉庫内をたくさん歩くことになる。
で疲れる…というのが容易に想像できるので、出来るだけ迷わず多くのものを一度に持ってくることが肝。

昔、学生の時にやったことがあった。
そこの倉庫は本当に広かったので大変だったけれど、今より20才も若いころだったので毎日やっていた。

今回午前中はピッキング作業。10時から開始だったこともあり、まだまだ行けそうな感じたった。
午後からは箱を移動したり、中身を確認したりして立ったり座ったり、腰を曲げたりで三時の休憩のころには腰に来始めていた。
三時から夕方六時までもずっとその作業が続き、座ることは全くなくて足にも腰にも来ました…。

すごい疲れました。身も心もぐったり…。
帰りのバスはめちゃめちゃ混んでいて、家の近くまで座れずじまい。

7000円の日給なのに、あまりに疲れて帰りはコンビニでお弁当を買ってしまった。

で、本日。
全然使い物にならなかった。頭痛はするし足はだるいし腰痛も…。
だめだ私。

7000円働くのってこんなに辛かったのか?
こんなにつらいと、お金の大切さが身に染みて、無駄使いできなくなります。



by hanako4050 | 2017-10-11 22:09 | お金のこと